Adobe Flash Player を取得

旧ソ連・ウクライナにあるチェルノブイリ原子力発電所4号機が1986年4月26日に事故を起こして、今年で25年経ちました。このサイトでは、この事故がどのようなものだったのか再度検証するとともに、今でも懸念される事故による放射能の健康影響の実態、さらには世界保健機関(WHO)などの最新の見解や見通し、などについてお知らせいたします。