経済産業省資源エネルギー庁では、地域に根差して活動するNPO等団体が行う、地域住民との勉強会や交流会等といった原子力を含むエネルギーや放射線等に関する理解促進活動を支援します。自分たちならではの理解促進活動を行いたいなど、活動意欲、熱意のある団体からのご応募をお待ちしています。

募集要項

応募資格
原子力を含むエネルギー等に関する理解や地域振興に関する活動の実績があり、今後、活動の持続性が期待できるNPO等団体(法人格の有無は問いません)。
対象となる活動
原子力を含むエネルギーや放射線等に関する理解活動や関心喚起に資する活動

例:
◆エネルギーセキュリティ、エネルギーのベストミックス、経済性や環境問題等の視点から、原子力を含むエネルギー問題を考える、NPO等会員・地域住民との勉強会・交流会・視察・情報提供 等
◆エネルギー生産地とエネルギー消費地の意見交換会
◆地域住民に対するアンケートの実施、講演会や体験実習等の実施

※放射線に関する理解活動も支援対象ですが、エネルギーにおける原子力の位置づけなど、原子力やエネルギー全般についても訴求してください。
活動支援の上限金額
1団体当たり64万8千円(消費税込み)