応募方法

企画書フォームに必要事項を記載の上、予算の詳細や補足資料と併せて平成29年5月25日(木)必着で当財団までお送り下さい。
お送りいただく企画書、予算書により面談審査を行いますので、計画の内容が分かるように企画や予算の内容を具体的に記載して下さい。
※企画書、予算書フォームは「ご応募・お問い合わせ」ページよりダウンロードしてください。
応募書類について

(1)提出書類

以下の書類を事務局へ送付し、応募して下さい。
  • 企画書(必須)
  • 予算書(必須)
  • 添付書類(団体概要(規約等)、団体の実績等) (必須)
  • 振込口座登録用紙(必須)
    ⇒面談審査の際の交通費をお支払いするための書類です
  • その他捕捉資料(団体の説明に必要な書類等)(任意)

(2)企画書

「企画書フォーム」に必要事項(応募動機、企画タイトル、目的・趣旨、企画の内容、効果、団体の実績、実施体制等)をご記入下さい。

(3)予算書

 「予算書フォーム」に活動に係る費用をご記入下さい。
【活動支援の上限金額】1団体当たり64万8千円(消費税込み)

活動支援金のお支払いの際の注意事項

※活動支援の上限金額を超過した場合は、原則として団体で超過した金額をご負担いただくことになりますのでご注意下さい。また、内容によっては支援できない費目がありますので、「ご応募・お問い合わせ」ページより「募集要項」をダウンロード頂き、P6を参照下さい。
※経費を証明する証憑類の原紙(印刷会社からの領収書、講師の受領書等)がないとお支払いできませんので、証憑類の徴収、保存が必要です。なお、証票類については、領収書の他に配布リストや利用用途を限定できる書類が費目によっては必要となりますので、ご協力をお願い致します。

【支援可能期間】
支援できる期間は、支援団体決定後(当財団職員との打合せ後)~平成30年1月末までに活動を終了し、精算を完了出来る範囲です。企画の検討に係る費用は支援の対象ではありませんのでご注意下さい。


詳しくは、「ご応募・お問い合わせ」ページの「ダウンロード資料」をご覧下さい。