一般財団法人 日本原子力文化財団

ホーム > 財団紹介 > 理事長コラム「まっさんの窓」


vol.27(2023/1/11)

まっさんの窓…2023年第一回
原子力発電所を再稼働して世界のエネルギー供給に役立とう!


皆さん! 新年のご挨拶を申し上げます!
今年もよろしくお願いします!
2023年、“まっさんの窓” 第一回です。


<世界のダニエル・ヤーギン氏が再三訴える“原子力発電再稼働”>

世界に知られるエネルギー専門家 ダニエル・ヤーギン氏が、1月8日の読売新聞で、原子力発電所を再稼働させるべきと訴えています。
昨年の日経新聞(12月10日)に続いて、二度目の訴えです。ちなみに、日経新聞では、ヤーギン氏は、“安全が確認された原発は動かしましょう!”と訴えています。
今回の訴えは、次のとおりです。
“政治的な課題や地元に根差した問題があるのは確かだが、世界の現状を考えれば、原発の一部を再稼働することがエネルギー安全保障への貢献につながる”。
ヤーギン氏が言う“世界の現状を考えれば”という言葉には、重い背景を感じます。 ヤーギン氏は、次のようなことを言いたいに違いありません。


<ダニエル・ヤーギン氏の言葉:“日本の皆さん、力を貸して!”>

“日本の皆さん!
2023年正月の現在、ウクライナをはじめとして、ヨーロッパの北の国々では、暖房を必要としている人たちが大勢います!
その人たちのことも考え、天然ガスのヨーロッパへの供給量を少しでも増やすことに力を貸してください!”
北の国々では、日本をはじめとして他の多くの国々と同様に、高齢者・病弱な人たち、幼い子供たちが特に暖房を必要としています。
“日本の皆さん!そうした状況にも目を向けて、出来ることをやってください。その一つが、安全が確認された原子力発電所を稼働することです!”。ヤーギン氏は、こう訴えているのです。


<原発100万キロワットはLNG100万トン>

昨年岸田総理は、100万キロワットの原発は、LNG100万㌧に相当すると言われました。
天然ガス大国:ロシアのウクライナへの軍事侵攻によって、世界の天然ガスの需給状況が大きく影響を受けています。結果的に、量的な問題に加えて、日本をはじめとして日欧米の天然ガスの値段が高騰しています。


出典:原子力・エネルギー図面集



<暖冬でも、暖房は欠かせない>

欧州の今冬の寒さは、心配されていたよりは、暖冬気味のようではあります。それでも、言うまでもありませんが、北方の国々では、まだしばらくの間、暖房が欠かせません。


<原発を再稼働させて世界のエネルギー供給に役立とう!>

日本のエネルギーは世界の動きにつながっています。
ですから、私たちは、ダニエル・ヤーギン氏の訴えに応えて、原発を再稼働させて、世界のエネルギー状況に少しでも役立とうではありませんか!
関係の諸機関、そして、原子力発電所の立地地域におられる皆さん!また、広く一般社会の皆さん! ぜひ、ダニエル・ヤーギン氏の声に耳を傾け、自分たちの問題として受け止めましょう。
そして、原子力発電所を再稼働してエネルギーの供給量を増やし、世界のエネルギー状況に少しでも役立とうではありませんか。


理事長 桝本 晃章



バックナンバー

vol.26(2022/11/29)

三倍増の原子力発電開発構想を打ち出したインド

vol.25(2022/10/25)

“恐ろしい冬”…ロシア発
第三次エネルギー危機がヨーロッパを襲っている!

vol.24(2022/10/3)

バルト海・海底天然ガス・パイプラインの爆発…
パイプラインが示すエネルギー共同体としてのヨーロッパ

vol.23(2022/8/2)

原子力発電再稼働で少しでも経済活性化を

vol.22(2022/7/4)

岸田首相 原子力発電活用を訴える

vol.21(2022/6/6)

エネルギーと食料品価格が高騰する現状に支援の手を

vol.20(2022/4/6)

原子力発電の活用も提案するIEAの10ポイント・プラン

vol.19(2022/2/4)

“脱炭素”と“電化”に応える原子力発電

vol.18(2021/12/23)

2022年を考える

vol.17(2021/10/19)

COP26を控えて その2
ヨーロッパで動き出す原子力発電開発

vol.16(2021/9/10)

COP26を控えて その1
アメリカ・ケリー気候変動問題大統領特使の中国訪問

vol.15(2021/6/18)

ビル・ゲイツ氏の語る原子力発電

vol.14(2021/1/4)

2021年の色

vol.13(2020/11/24)

“脱炭素化と経済性を両立する原子力の活用”:経団連提言

vol.12(2020/10/21)

「長く困難な登り道」:IMFの世界経済見通し

vol.11(2020/10/6)

世界の経済を3~5年後戻りさせる新型コロナウイルス感染拡大

vol.10(2020/9/3)

日本のエネルギー需要見通し2020年▲8%弱

vol.9(2020/8/5)

注目:英国の原子力発電開発
~エネルギー自給率が高くても原子力発電をやる~

vol.8(2020/7/3)

原子力発電所の再稼働を実現し日本経済に貢献しよう

vol.7(2020/6/2)

“新型コロナ丸わかり”

vol.6(2020/5/11)

Stay Home : 2020年のエネルギーの見通しと日本のリスク

vol.5(2020/4/6)

新型コロナウイルス感染拡大と電力供給

vol.4(2020/3/13)

石油・ガスが豊富にあっても、原子力開発を進める国・アラブ首長国連邦 … 国の将来のために原子力発電所を建設

vol.3(2020/2/7)

脱・脱原発の道を行く ~スウェーデンの今~

vol.2(2020/1/9)

地元に支えられている原子力発電所   …一方で、地域をはじめとした日本経済に貢献

vol.1(2020/1/1)

“電化”、“脱炭素化”と原子力発電




TOPへ戻る