(1)支援条件
  • 地層処分事業への理解を深めようとする活動であること
  • 営利を目的とした活動ではないこと
  • 適正な活動を行った上で実施報告書を期限内に提出できること
  • 1団体当たりの参加人数が5名以上であること
  • 原則として参加者は日本国籍を有すること
  • 日本国内で実施する活動であること
  • 運営・経理面において透明性が高い団体であること
  • 活動成果について何らかの発信をすること
(3)支援メニュー
A勉強会・講演会
「地層処分ってなんだろう?」「どうやって地層処分するの?」
専門家・研究者がお答えします!

勉強会の様子
(スクール形式・車座形式)
地層処分の基礎から、最新の知見やより詳しい内容まで、多様なニーズにお応えできる講師による、勉強会開催をご支援します。
  • 講演内容例
    • 放射性廃棄物の地層処分とは、放射性廃棄物の種類、地層処分の方法、
    • 原子燃料サイクルの概要、諸外国の放射性廃棄物処分の現状 など
  • サポート内容
    • 講師の謝礼・交通費・宿泊費、会場使用料、開催案内発送料、配付資料印刷費など
B地層処分研究施設の見学会
「地下深くはどうなっているの?」「どんな研究がされているの?」
研究施設や地下空間を見学できます!

地下空間の見学風景(幌延・瑞浪)
地層処分事業に関連する研究施設等の見学の実施をご支援します。
  • 対象施設
    • 幌延深地層研究センター(北海道幌延町)
    • 瑞浪超深地層研究所(岐阜県瑞浪市)※
    • 日本原燃関連施設(青森県六ヶ所村)
    • ※瑞浪超深地層研究所は、施設整備による地下坑道見学停止のため、当面、支援対象外と
       させていただきます。
  • サポート内容
    • 見学先との調整、見学スケジュールの作成、鉄道・航空チケットの手配、貸切バスの手配、旅行費用の支払いなど
C情報発信ツールの作成支援
「周囲の関心を高めるにはどうしたらいいの?」「多くの人に知識を共有したい!」
わかりやすい発信ツールを作りましょう!

チラシ・パンフレット例
地層処分事業についてわかりやすく解説したチラシや、勉強会や見学会の活動結果をまとめた情報発信ツールの作成、活用をご支援します。
  • 情報発信ツールの例
    • チラシ・パンフレット制作、DVD動画制作
  • サポート内容
    • 監修者の謝礼、イラストや図表の提供、デザイン制作、印刷費、発送費など
(3)活動の手順
  1. 支援の可否に関するながれ
    • 申込書送付受付・書類審査(2週間程度)審査結果のお知らせ

  2. 支援決定後、活動計画の作成から実施までのながれ
    • 希望する活動内容に関するヒアリング実施計画・予算計画作成ご確認
    • 手配内容の分担各種手配
      ※見学を希望される施設の予約や勉強会の講師の手配など、事務局の支援を希望される
       事項と、申込者が手配する事項を分担します。
      ※講師や見学先等の諸事情により、お申込時の日程がご希望に沿えない場合があります。

    • 活動実施参加者アンケート等実施アンケート等回収
      ※必要に応じて、ご活動当日の運営を支援いたします。
      ※2019年1月31日(木)までに全ての活動を終了してください。

  3. 報告書の提出
    • 実施結果・アンケート等取りまとめ事務局へ提出
      ※必要に応じて、中間・完了報告書のひな形提供・報告書作成を支援いたします。
      ※中間報告書は、実施後10日以内(見学会、勉強会などの活動終了後毎)に提出してくだ
       さい。
      ※完了報告書は、計画した活動が全て終了後10日以内に提出してください。

  4. 活動支援金のお支払いまでの流れ
    • 発注内容および見積書や概算額のご提示事務局了解納入・実施完了ご請求
      お支払い

  5. 交流会への参加について
    • 2019年2月16日(土)に、都内で開催する交流会へご参加ください。(代表者1名)
      参加に必要な交通費、宿泊費は、活動支援金とは別途支給します。