活動に伴う費用の支援について
  1. 対象となる費用
    確定した実施計画・予算計画に沿った内容に対して、事務局の事前了解が得られた支援対象費目に限り費用を支援いたします。下の表をご確認ください。

    • <支援対象費目一覧>
    費目
    • 支援の対象となる範囲
    • 認められない事例
    人件費
    • 人件費は認められません。
    物品購入
    • 消耗品以外(パソコン、事務調度品、電気製品等)の物品の購入は認められません。
    飲食代
    • 飲食に関する支出は、原則として認められません。
    謝金
    • 活動に協力した専門家や有識者等への謝礼 等
    • ※講師が謝金を受け取ったことが証明できる支出証拠書類〈講師の受領印、もしくはサインがあるもの〉を提出
    • 現金または振込み以外での謝礼の支払い(謝礼を商品券で渡す等)
    • 団体構成員が講師やファシリテーションを行った際の謝礼の支払い
    • 活動に協力した団体構成員やアルバイトへの謝礼等(但し、専門性が必要なアルバイトへの謝礼は認めます)
    交通費
     ・ 
    宿泊費
    • 鉄道代
    • 飛行機代(要、搭乗証明)
    • タクシー代(公共交通機関がない場合のみ)
    • レンタカーのガソリン代・駐車料金
    • バス代、高速代、フェリー代
    • 宿泊代 等
    • ※見学会等の交通費は、原則として公共交通機関の最寄駅を基点とします。
    • 自家用車利用のガソリン代(移動経路の証明が難しいため)および駐車料金
    • 交通系ICカード(Suica、PASMO等)チャージ代の領収書による請求
    • 支援団体の都合によるキャンセル料
    • 自己都合による途中参加・途中離脱する人の交通費 等
    通信費
    • 資料等の発送代、切手代
      ※送付先と送付物、および発送を証明できる書類を提出
    • 電話代やFAX代 等
      ※但し、活動で使用したことが証明できる書類がある場合は認める
    印刷費
     ・ 
    制作費
    • パンフレットやチラシ等の作成・印刷
    • 看板や名札の作成・印刷
    • Webコンテンツの作成
    • 新聞広告、チラシ広告の原稿作成
    • 映像の制作
    • 支援団体が発行した領収書での請求等
      (例)団体構成員等が自身でチラシ等を作成・印刷し、枚数に応じて金額を算出する等して支援団体から請求されたもの 等
    消耗品費
    • 発送用封筒
    • メイン活動で使用する模造紙、付箋、マジック等の文具
    • コピー用紙
    • 合理的な理由のない高額な消耗品 等
    借料
    • 会場や控室等の借上げ
    • 貸切バスの借上げ
    • レンタカーの借上げ(公共交通機関がない場合等)
    • 活動に必要な機器や実習機材 等
    • 駐車場代 等(但し、レンタカー利用時の駐車場代は認めます)
    役務費
    • カメラマン、速記者、警備員 等
    • 団体構成員が行う業務 等
    広告・
    媒体費
    • 新聞・Web広告掲載料
    • 折込チラシ広告掲載料
    • 団体構成員が所属している媒体への広告掲載 等
    保険料
    • 活動に係る傷害保険、施設賠償保険
    • 貸切バス保険料 等
    その他
    • 学会等での発表に係る学会参加費 等

  2. 費用のお支払い方法
    • 貴団体から当財団へのご請求
      支援対象費目について支出根拠書類(貴団体宛の領収書、振込証明書等)原本を請求書に添付し、ご提出ください。

    • 貴団体の指定業者等へ、当財団から直接払い
      当財団宛の見積書をご提出ください。内容精査の後、直接払いの手続きへ進めます。

    • 講師、アルバイト等への謝礼・報酬の支払い
      報酬に関する納税義務のある団体の場合、個人へ謝礼・報酬を支払う(個人口座へ謝礼・報酬を振込む)場合は、源泉税を納税する必要があります。ご希望があれば当財団が直接払いを行います。

  3. お支払いに関する注意事項
    • 事前の確認のお願い
      活動開始後、「支援対象費目一覧」を参考に活動支援金をご活用ください。活動支援金を活用される際は、必ず“活用前”にどのような用途で使用するか事務局にご連絡ください(できる限り見積書等を徴収し、ご提出ください)。
      ※費用を支出する前に、活動支援金の使用用途、見積内容・金額について事務局の了解を
       得て、発注・支払いを行ってください。事前了解のないものについては、お支払いが出来
       ません。

    • 支出根拠書類の提出
      本事業の支援金は、補助金や委託費とは異なりますのでご留意ください。支出根拠書類の原本がないものについては、お支払いが出来ません。
      ※ただし、近距離の鉄道やバス等、支出根拠書類の入手が困難な支出については、明細書を
       作成頂くことでお支払いが可能です。

    • 施設見学行程に、観光や自己都合の用務を含めることはできません。

  4. 費用のお振込み
    • 活動支援金のお振込み口座のご登録をお願いいたします。

    • 請求書を当財団にご提出いただいた月の“翌月”に指定口座へお振込みさせていただきます。毎月20日締め、翌月末払いです。

    • 最終のご請求は2019年1月20日といたします。