原子力総合パンフレット Web版

サイトについて

  • TOP >

  • サイトについて

2014年4月に閣議決定された「エネルギー基本計画」では、安全性(Safety)を前提に、「エネルギーの安定供給(Energy Security)」、「経済効率性向上(Economic Efficiency)」、「環境への適合(Environment)」を図ることを基本的な視点(S + 3E)とし、バランスのとれたエネルギーミックスを構築していくことが重要とされています。とくに、「原子力」は、低炭素の準国産エネルギー源で、優れた安定供給性と効率性を有している重要なベースロード電源として位置づけられています。

今後、私たちは、原子力の利用について、暮らしや経済の維持・発展への貢献や地球温暖化防止に果たす役割だけでなく、そのリスクや課題に向き合い、冷静に判断していくことが求められます。

WEB版原子力総合パンフレットでは、日本の原子力政策、原子力利用の経緯や現状、放射線防護、原子力施設の規制と安全性向上対策、原子力防災など原子力を巡る最新情報についてご紹介しています。

※本サイトは2017年11月発行の「原子力総合パンフレット 2017」を基に作成したもので、記載内容は2017年11月末時点の情報となっています。

【監修】

■全編監修
山口 彰(東京大学大学院工学系研究科 原子力専攻 専攻長・教授)

■3章「放射線と放射線防護」監修
松本 義久(東京工業大学 科学技術創成研究院 先導原子力研究所 准教授)

■5章「原子力防災」監修
安田 仲宏(福井大学附属国際原子力工学研究所 教授)

ページトップへ