原子力総合パンフレット Web版

原子力施設の規制と安全性向上対策

新規制基準を踏まえた原子力発電所の安全確保

原子力発電所では、新規制基準に基づき、地震や津波などに対する耐性強化や長時間の
電源喪失の防止、重大事故対策などの安全性を高める取り組みを行っています。

1

事故を教訓とした原子力発電所の取り組み

原子力発電所の安全を確保するための基本は、核分裂連鎖反応を「止める」、原子炉を「冷やす」、放射性物質を「閉じ込める」ことです。
福島第一原子力発電所のような事故を起こさないため、事業者は安全対策が新規制基準に適合しているかどうかの確認を行うとともに、自主的な安全性向上対策を行っています。

【地震の揺れへの対策】

想定される最大の地震による揺れを適切に評価し、地震に対する安全性を確保します。

【津波・浸水への対策】

冷却設備や電源の喪失を防ぐため、想定される最大規模の津波を適切に評価し、敷地や建屋に浸水しないように安全対策を講じます。

【自然災害や火災への対策】

森林火災、竜巻、火山などの自然災害や原子力発電所内の火災による安全性に対する影響を適切に評価し、対策を講じます。

【冷却手段の確保】

地震や津波などで原子炉を冷やす複数の冷却設備が同時に機能を失う場合を想定し、原子炉の炉心が損傷する重大事故(シビアアクシデント)を防ぐため、冷却機能の復旧や代替する設備を整備します。

【電源の確保】

原子力発電所の安全確保に必要な電源を失う場合を想定し、電源確保のための対策を講じます。

【重大事故対策】

原子炉の炉心を損傷するような重大な事故に至った場合を想定し、原子炉格納容器の破損防止や放射性物質の環境への拡散の抑制などの対策を講じます。

【さらなる安全性向上対策】

テロなどのあらゆる事態を想定し、特定重大事故等対処施設を設置するなどの対策を講じます。事業者は、新規制基準への適合性が確認された後も自主的・継続的に安全性向上に向けた取り組みを進めます。

福島第一原子力発電所事故の進展を踏まえた対策

福島第一原子力発電所事故の進展を踏まえた対策

出典:四国電力(株)資料より作成

地震や津波などの自然災害や火災への対策

地震や津波などの自然災害や火災への対策

出典:電気事業連合会「原子力コンセンサス」より作成

重大事故対策(BWRの例)

重大事故対策(BWRの例)

写真提供:日本原子力発電(株)

出典:電気事業連合会「原子力コンセンサス」より作成

次へ
前へ
ページトップ