原子力総合パンフレット Web版

原子力防災

  • TOP >

  • 原子力防災

原子力防災体制と原子力災害対策指針

原子力防災体制と原子力災害対策指針

原子力災害対策指針では、緊急事態における原子力施設周辺の住民などに対する放射線の影響を最小限に抑えるための防護措置などが定められています。

原子力防災体制と原子力災害対策指針
原子力災害対策重点区域と緊急事態の区分

原子力災害対策重点区域と緊急事態の区分

原子力災害時、放射線防護のための避難や安定ヨウ素剤の服用などについて準備や実施を判断する必要があるため、緊急事態の初期対応段階を「警戒事態」、「施設敷地緊急事態」、「全面緊急事態」の三つに区分しています。

原子力災害対策重点区域と緊急事態の区分
被ばくを避けるためにとる行動(防護措置)

被ばくを避けるためにとる行動(防護措置)

原子力発電所の状況に応じて区分した緊急時活動レベル(EAL)に沿って、余計な被ばくや汚染をできるだけしないように防護措置を行います。

被ばくを避けるためにとる行動(防護措置)
初期対応段階での防護措置

初期対応段階での防護措置

PAZの住民は、異常な量の放射性物質が放出される前に避難を行います。放射性物質が放出された場合は、緊急時モニタリングの結果などによって、適切な防護措置を実施します。

初期対応段階での防護措置
原子力災害時の体制と住民の行動

原子力災害時の体制と住民の行動

原子力災害時、関係者が一体となり、モニタリングや住民への情報発信を行う体制が構築されます。 住民は、情報伝達手段や避難経路・場所などの情報を平時から確認しておくことが大切です。

原子力災害時の体制と住民の行動
ページトップへ