原子力総合パンフレット Web版

原子力施設の規制と安全性向上対策

  • TOP >

  • 原子力施設の規制と安全性向上対策

新しい規制体制と規制基準

新しい規制体制と規制基準

事故の教訓や国内外からの指摘を踏まえ、原子力規制委員会によって原子力発電所や核燃料施設などの新たな規制基準が策定されました。

新しい規制体制と規制基準
新規制基準を踏まえた原子力発電所の安全確保

新規制基準を踏まえた原子力発電所の安全確保

原子力発電所では、新規制基準に基づき、地震や津波などに対する耐性強化や長時間の電源喪失の防止、重大事故対策などの安全性を高める取り組みを行っています。

新規制基準を踏まえた原子力発電所の安全確保
原子力発電所の地震の揺れや津波・浸水への対策

原子力発電所の地震の揺れや津波・浸水への対策

新規制基準では、活断層や地下構造の調査が改めて求められ、必要に応じて基準地震動の見直しや耐震強化の対策を進めています。また、冷却設備や電源の損失を防ぐため、津波や浸水への対策を講じます。

原子力発電所の地震の揺れや津波・浸水への対策
自然現象や重大事故への対策

自然現象や重大事故への対策

原子力発電所では、自然災害への対策や冷却機能・電源を確保するための対策、重大事故(シビアアクシデント)への対策を講じます。

自然現象や重大事故への対策
原子力施設のさらなる安全性向上に向けた対策

原子力施設のさらなる安全性向上に向けた対策

原子力発電所に対するテロなどのあらゆる事態を想定し、特定重大事故等対処施設の設置などの対策を講じています。

原子力施設のさらなる安全性向上に向けた対策
自主的・継続的な安全性向上への取り組み

自主的・継続的な安全性向上への取り組み

事業者は、新規制基準への適合性が確認された後も、自主的に安全性向上に向けた取り組みを継続していくこととしています。

自主的・継続的な安全性向上への取り組み
ページトップへ